imglogo

2019年4月16日、LINEノベルサービス開始しました。

「LINEノベル」は、既存の出版社の枠組みを越えた、新しい小説プラットフォームです。自由に小説の投稿ができることはもちろん、様々なカテゴリの人気作品を読むことができます。

最大の特徴は、従来の出版業界の枠組みである『投稿作の独占出版』を行わず、参画しているすべての出版社で新たな才能の共有・発掘を行う『あたらしい出版のカタチ』という取り組みです。「LINEノベル」に参画している出版社は、投稿者へ「書籍化」のオファーを出すことができます。オファーを受けた投稿者の情報は、すぐさま参画しているすべての出版社で共有され、他の出版社もその投稿者へオファーを出すか出さないかを選択することができます。これにより、投稿者は各社からのオファー条件を踏まえて「書籍化」する出版社を決定することができるので、自らの可能性を最大限に活かせるパートナーと出会うことができます。さらに、「LINEノベル」でも、歴代担当作品の累計部数が6,000万部を突破するなどライトノベルを牽引する株式会社ストレートエッジの三木一馬氏を統括編集長に迎え、新レーベル『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』を創刊、各出版社と同じく人気作品を世に送り出す体制を整えております。

【あたらしい出版のカタチ】

あたらしい出版のカタチ


【参画出版社(レーベル)】(五十音順)
株式会社KADOKAWA 株式会社講談社 株式会社新潮社 株式会社集英社 株式会社実業之日本社 スターツ出版株式会社 株式会社宝島社 株式会社東京創元社 株式会社文藝春秋

■2019年夏にアプリ配信も登場し、人気小説家の作品が読める!
今夏より提供予定の「LINEノベル」アプリでは、出版社から提供される既存の人気作品だけでなく、「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」のレーベル作品として、「原田マハ」「中村航」「鎌池和馬」など多数の人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品も読めるようになります。レーベル作品は、アプリ配信時に50作品の提供が決定しており、今後も作品は随時追加してまいります。