51g4gNSlcmL._SX348_BO1,204,203,200_

願うなら、星と花火が降る夜に

著者:いぬじゅん 
イラスト:mocha

内容紹介

会いたいのに会えない大切な人がいますか?

姉の春香が事故死してから一年後の命日の夜に、亜紀のスマホに春香からLINEが届く。
仲違いしたまま死んでしまった姉をいまだに許せずにいる亜紀は、悪質なイタズラだと無視するが、その後もたびたびLINEは届きつづける。
そんなある日、春香のルームメイトだったという女性・奈津が、空野家に居候することに。
奈津と過ごす日々のなか、亜紀は忘れようと封じ込めていた春香の記憶を少しずつ取り戻していく。
そして、すべての思い出がよみがえったとき、奈津は姿を消し、亜紀は彼女が現れた本当の意味を知るのだった――。

出版社からのコメント

死んだ姉から届くLINEのメッセージに込められた思いとは。
今はもういない大切な人にどう思いを返せばいいのか、終盤の花火のシーンは涙なくしては読めません。

商品情報

  • ISBN-10: 4908588759
  • ISBN-13: 978-4908588754
  • 発売日: 2019/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm

無料で試し読み

 LINEノベルで読む

購入はこちら

amazonaaaaaaaa