スクリーンショット 2019-07-02 17.03.40


2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回は8月にライト文芸レーベルLINE文庫から『世界で、いちばん嫌いな君』を執筆されたみなづき未来さんへお話を伺いました。

物語の題材は友達や知り合い、身近な人と会話、自分の体験から


――最初に小説を書き始めたきっかけはなんですか?

ひとことで言えば高校の友達の影響かもしれません。私は運動部だったのですが、休みの日に友達が創作活動へと誘ってくれました。最初はエッセイや自分でイラストを描いて小説を書いたり、そういうことから始めていました。

性格的に書くことよりも喋ることがより好きだったので、友達や身近な人と恋愛話や深刻な話など相談に乗ったりしていました。それが小説を書くようになってから題材に事欠かない要因になっているような気がしますし、今もそういう部分はあります。

もちろん自分の体験も自然と入りますね(苦笑)。


――普段、どのような時間に作品を書かれていますか?

気が向いて時間がある時に書いたりしています。何かの待ち時間や夜眠れない時に書くこともあります。


――作品を書く際、筆が進まない時はありますか?どのように打破しますか?

筆が進まないというより、早打ちができたガラケーからスマホやタブレットに変わって、執筆のスピードが……。なので、家にいる時はパソコンも使います。

いわゆるスランプというのはほとんど無いですけど、他の趣味で気分転換します。締め切りがあったり、スピーディな更新を目指している時は、カフェに行ったり近くの神社などで書いたりもします。

基本的には速書きな方だと思いますが、こだわるところは結構こだわります(笑)。


――作品を書く時に大事にしていることはありますか?

読者の方の年齢なども考えながら、幅広く読んでいただけるよう読みやすさを重視しています。また作品によって度合いは違いますが、自分の体験や周りで起こった出来事を取り入れています。今回の作品も、その点は同じです。

そして、テーマが重たいものほど暗くなりすぎないようにしています。これは、自分が読者として作品を読む時にどんよりとした気分で読みたくないからかもしれません。

私の作品は割と緩急のある作品が多いのでしょうか、「じれったいところはじれったく、展開が早いところは早く」と、そういった感想をよくいただいています。


誰もが持つかもしれない感情や葛藤が共感につながる


――今回、作品のテーマはどのように決まりましたか?

もともと実体験や周りで起こったことなどをベースに書くことが多いのですが「世界で、いちばん嫌いな君」もその要素はあります。

書きたい題材は常にいくつか頭の中にあるので、「どれから書くか?」というのは本当に迷います。そしてどこか一つでも共感してもいただけるように、と考えながら書いています。私の作品には、誰もが持つかもしれない感情や葛藤が含まれているかもしれません。例えば今作でいえば、「綺麗ごとじゃないんだよ。」とか「ずっといい人でいられるわけがないよ。」とか。そういった感情がテーマでしょうか。

アオハル的な恋愛要素は、今回も盛り込ませていただきました!


――本作の読みどころを教えてください。

ドキドキする恋愛を描いたのですが、そのドキドキの意味がだんだん変わっていくところでしょうか。

男女両方からの視点で進んでいきますから、割りと早めの段階でいろいろ分かってくると思います。なので、ラストだけでなく、序盤、中盤以降の展開にも注目していただけると嬉しいです。

そして私自身が渾身の想いで書いたページが、いくつかあります!本当は、裏話もたくさんしたいのですが、ぜひ最初の『謎のメモ』から目を通していただけたら、と思います。


――これからチャレンジしていきたいことはありますか?

前々から恋愛以外のものも書いたりはしますが、いろいろなジャンルのものも読んでいただけるようにしたいです。“とんでもジャンル”にも(笑)。

また、小説とは関係ないですが、以前のようにイラストを描きたくなる時もあります。他には……数えきれないです!


――LINEノベルに期待することは?

新しい小説アプリサイトということもあって、私も初めての経験にドキドキしています。

一定の層に固まることも多い小説サイトですが、老若男女、年齢層、ジャンルを問わず、誰もが楽しめる小説アプリになれば素敵です。そして、いつかは世界中で作品が読まれるようになることを期待しています。


WEB小説の良いところとは......?


――作品を期待されている皆様に一言おねがいします!

別の著者名で活動していたりもしますので、“みなづき未来”としての作品という点では、少し時間が空いたかもしれません……。今回の作品は個人的な感情を整理しながら、何年かの月日と共に周りの方の協力を経て出来上がった作品です。是非いろいろな方に目を通していただけたら大変うれしく思います!


――これから投稿しようとしているユーザーのみなさまに一言おねがいします。

私の場合ですが、流行とは真逆の路線でも自分の好きなものを書いてきました。そんな風に自由でありつつ、誰が読むか分からないというドキドキ感もあるのが、WEB小説の良いところだったりします。

ただしネットやアプリの場合には一度作品をアップすると誰かの目に留まる可能性が高いので、もろもろの間違いには最善の注意を払っています。

それでも、忙しさや疲労だったり、校正も自分なので見落とすこともありますが……親切な読者さんが教えてくれたりもします(笑)。

もちろん良いことばかりではないかもしれませんが、是非一度、書きたいことを思いっきり文字にしてみて下さい。そこから、また新しい自分の物語が始まるかもしれませんので!


書籍情報

内容紹介
──この世では、稀に100%不可能に近い出来事が起こるときがある。──
小早川栞(こばやかわ・しおり)は優等生で人気者の北条礼(ほうじょう・れい)に告白され、自信がないながらも付き合っていた。
ところが、クラスメイトの黒田健太(くろだ・けんた)に「北条礼には近づかない方がいい」という忠告を受けてしまう。
その後、事態は思わぬ展開へ───
そして、次第に明かされていく「隠された秘密」と、「衝撃の事実」が分かった時、予想外の結末が待っていた───。

出版社からのコメント
“いちばん嫌いな君”の意味とは?
ラストまで目が離せない展開に、切ない涙が溢れ出すこと必至。是非ご一読を!

著者について
著者:みなづき未来
医療職従事中に本格的な執筆をはじめ「嘘つきなリップ」(KADOKAWA)で作家デビュー。
第3回iらんど大賞でNHK賞を受賞した「激・恋」がNHK総合テレビにて連続ドラマ化したことで注目される。
「俺が守ってやるよ。」でスマホ小説大賞・映像化特別賞を受賞。
「*彼女限定* -ずっとキミが好き-」(集英社)「それは恋のはじまり」(ソフトバンククリエイティブ)「初めてを君に」(双葉社)など、他に多数刊行。

無料で試し読み
LINEノベルで読む

購入はこちら