スクリーンショット 2019-07-04 13.25.06

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!
そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から8月に刊行される『ウィッチクラフトアカデミア 〜ティノと箒と魔女たちの学院〜』を執筆された逢空万太さん、編集を担当された箕崎准さんへお話を伺いました。

「最初に見せる時は緊張した」オンラインの小説仲間が最初の読者
 

——本日は、よろしくお願いします。

逢空万太(以下、逢空)よろしくお願いいたします。逢空万太と申します。


——最初に小説を書き始めたのはいつ頃ですか?きっかけは何でしたか?

逢空:書き始めたのは中学2、3年ぐらいの時ですね。
きっかけが同じ人は結構いると思うんですが、電撃文庫から『ブギーポップは笑わない』が出たタイミングで読んだんですよね......。その後から賞を獲れば「今後自分も作品書いていけるんじゃないか?」みたいな甘い夢を見始めました。

あとは同じく電撃文庫の『狂科学ハンターREI』も小説を書き始めるきっかけになった作品ですね

——中学時代に書いた作品は誰かに見せたりしましたか?

逢空:中学時代は誰かに見せることはなかったですね。実家にある自分の学習机を開けるとまだノートの切れ端がたまっていると思います。
当時は学校のクラスで最前列に座ってたんですが、こっそり授業中に書いてました。

箕崎准(以下、箕崎)ノートに手書きで書いてたんだ。まさに黒歴史だね(笑)。

——最初に自分の書いた作品を誰かに見せたタイミングはいつでしたか?

逢空:最初に誰かに見せたのは大学の頃......ですかね。それこそ新人賞に応募しようとする直前、友達に読んでもらったことがあります。当時、応募したのは電撃でしたね。2回ぐらい出しました。

——その頃、小説仲間はいたんですか?
逢空:大学の頃からインターネットがつながるようになりまして。当時人気の美少女ゲーム『Kanon』の二次創作がものすごく流行っていて、色々書いていたんです。そのつながりで創作仲間が出来るようになりました。

実際、ネットで人に見せることで創作意欲を発散させていたみたいな時期だったので。そこからこじらせて、段々オリジナルの作品を書くようになったんです。
そしたらある日突然、応募してみた新人賞が受賞しちゃったという感じですね。

 

——最初にオリジナルを書いて、二次創作を書くようになって、またオリジナルに戻ったということですね。書くモチベーションがずっとあったということですか?

逢空:自分自身、物語を生み出したい人間だとは思っていました。それに一度、誰かに見せてしまうと、また人に見せたい欲が出てくるんです。みんなの感想が、当時書き続けるモチベーションになっていたと思うんです。

最初、誰かに見せる時はドキドキしましたね。何ならインターネットを始めた当初は掲示板でツリーにレスをして、そのレスが返ってくるかどうかでドキドキしていました、本当にウブな頃は。

 

——今でも作品を出す時は緊張しますか?

逢空:緊張どころか、もう出した後のことは目を背けたいみたいな感じになってます。出すだけ出して、後のことは知らないよ、みたいな感じです。メンタルが人一倍弱いという自覚があるので......。


——作品を書いていて心折れそうになることはありますか?

逢空:もう辞めよう、と心が折れそうになることはしょっちゅうあります。でも書くのを辞めたところで何もすることないしなあ......とやっぱり戻ってくるんです。

一回折れると......数日ならいいんですけども、もう数カ月とか戻ってこれない時もあります。普段は自分の作品の感想を見ないようにしていますし、エゴサもしないですね。心が折れますし見たところで「じゃ、話変えるか。」とは出来ないので、見ることで得るものが何もないんです。

 

——作品を書くとき、誰かに相談したりしますか?

逢空:仲間内では結構みんなあるみたいです。まんた自身も雑談レベルで相談する事があります。ただ、相談するのは、他の作家さんというよりは外部の全くかかわりのない友達とかですね。
何か作家仲間同士で話していると、突き詰めるとマーケティングの話みたいになっちゃうんです。最近はどういうのが流行ってるみたいな実利的なお話になってしまうので。

箕崎:「こうしたら売れる。」とか「今こういうのが流行っているからこういうのを書いたほうがいい。」とかになりがちですね。

逢空:そうですね。でもまんたは、自分の好きなものや書けるものしか書けないので、流行りを気にしてもしようがないなと思っています。知ってはいるけれど気にしない、みたいな感じですね。自分の流行りやマイブームだけを書くみたいな感じです。


——作品を書くときにいつも心がけていることはありますか?

逢空:基本的に書いている主人公が大好きなんです。だから、なるべく主人公にはおいしい思いをさせたいと思ってます。ヒロインに甘やかしてもらえるような物語にしています。

WCA_モノクロラフ_007


『ウィッチクラフトアカデミア』ラフ

誘惑をふりきって、カフェで執筆に向かう

——普段、作品はどんな時間帯に書かれますか?

逢空:朝起きた後に、大体9時頃ぐらいに家を出て、喫茶店に行くようにしてます。手が届くところに誘惑がたくさんあるので、家では作品を書けない人間になってしまいました。

——なるほど。モードを切りかえて書かれるということですね。喫茶店ではさくっと執筆に入れるものですか?

逢空:喫茶店に行っても、やっぱり助走は必要になってきます。最近は、さすがにさくっとは物語には入れなくなりましたね。何だろう...年による集中力の低下なのか分かりませんが、しばらく原稿を眺めて頭の中で考えてコーヒーを飲んで気分を落ちつけた後に、ようやく書き始めるわけです。

 

——考える時間というか、くつろぐみたいな。大体朝の9時ごろに行って、何時間ぐらい書かれるんですか。

逢空:3時間ぐらい書いてますね。大体お昼の12時くらいに切り上げてきて、余裕があったら夕方にもう一回行くような感じです。

箕崎:その間にキックボクシングをやっているんだよね?

逢空:ええ、ジムに行ってますね。最近はキックじゃなくて、普通のボクシングをやっています。
運動しないとメンタル的にもやられるかなと思って......。この仕事をしていると身体壊しやすいし心も若干危ないので、何かで発散させる必要があると思うんですよ。まんたの場合は運動が好きだったので、ボクシングをやることにしました。


——逢空さん、ボクシングは強いんですか?

逢空:いや、私は人を殴るのが苦手で殴ることが出来ません。殴れないからいいようにやられるんです。殴られるのには慣れているんですけれど、殴るのに慣れていないという感じですね。
気分転換になりますし、実はその体験を元に何か書けるんじゃないかなという下心もあるんです。身体の動かし方だとか。


——なるほど。確かに何が創作のヒントになるかわからないということですね。
逢空:そうですね。とりあえず色々なことを首をつっ込んでみよう、という感じで取り組んでいます。


新作では「駆け引きする物語を書いてみたかった。」
 

——『ウィッチクラフトアカデミア』のテーマのどんな感じで決めたのか教えていただけますか? 

逢空:元々、デビュー前からレースの中で駆け引きする物語をやってみたいなと思っていたんです。プロット自体はあったんですが、ずっと書く機会がなくて。
デビューしてからもう10年ぐらい経ちましたけど、ようやく書けたなという感じです。


——レースという題材をずっと温めてきたんですね。レースがお好きなんですか?

逢空:特にレースが好き、というわけでもないんです。

何かバトル物以外に真剣勝負の場でお互いぶつかり合うことが出来ないかなと考えた時に、eスポーツかレースかな、という感じで出てきた題材でした。

レースの駆け引きだったりとか、勝負するまでのお互いの信念のぶつけ合いみたいな感じを書きたかったんです。


スクリーンショット 2019-06-25 20.46.02

『ウィッチクラフトアカデミア』口絵

——何か書く上で「ここは力を入れた!」みたいなところってありますか?

逢空:今回は箒で飛んでレースで競うんですが、物語の中では架空の物質を利用して飛べるという設定にしてあります。
そういう舞台設定の中で、現実でも実現可能とまではいかなくともなるべく辻褄が合うようなシステムになるよう考えました。魔法のように制限なく自由に飛べるわけではないんです。

箕崎:物理法則とか考えてましたよね?

逢空:重心とか体重移動とかも結構考えないといけなかったです。


——なるほど。実際の我々の世界とも共通するルールで物語が成り立つようにということですね。 

逢空:はい。一応ファンタジーという架空の世界ではあるんですけれども、魔法とかではないのです。


——レースの駆け引きを描きたかったとのことですが、魔女が箒で飛ぶという設定はどのように考えたのでしょうか?
逢空:欲が出た、と言ったら変ですけれども、魔女が箒で飛んでレースをする様子が単純に見栄えがするかなと思いました。

 

——今回は、女性の中に男の子が1人という設定ですね。 

逢空:今はそうでもないんですけど企画を温めていた当時は、主人公が男の子じゃないといけない、というのが暗黙の了解......といいますか不文律としてあったんです。
なので、男の子が活躍するけれども、女の子の中に囲まれるのはどういう状況なのかな?と考えて設定が出来ていきました。女の子を立てるレースの種目という感じで。

箕崎:設定に合わせて結構イラストもこだわったところがあります。キャラクターのデザインとか。

逢空:そうですね。 

箕崎:服装とかね。


——イラスト拝見させていただいたんですけれども、確かに世界観を作り込まれた感じがしました。

箕崎:すごく細かく作り込まれていたので、それを反映していただくようにイラストレーターのbun150さんに私からお願いしました。

逢空:単純に物語を作り込んでいく上で、モチーフになっている世界が産業革命ぐらいのイタリアだったんです。19世紀末、1890年代のイタリアをモチーフとして作り込んでいるので、そこをお伝えさせていただく形にしたんです。

スクリーンショット 2019-06-25 20.46.12

  『ウィッチクラフトアカデミア』口絵


逢空万太さんの作風の原点とは?
 

——本作を書かれる上で筆が進まない場面ありましたか?

逢空:今まで手癖で書けるようなギャグコメディばっかり書いてきたんです。今回は、じゃあ一回真面目に書いてみようかと書いてみた感じです。
シリアスな話を書くと、結構途中で筆が止まっちゃったりしまして……。一つ一つ考えて書かないといけなくなったので、普段の作風よりも書くのが遅くなりました。

——ギャグ部分はもう癖というか、すらすらと出てくるんですか?

逢空:日常、コメディパートとかはもうサクサク書けました。昔からそういうものばっかり読んで育ってきたからでしょうか。


——これまでどんなものを読まれてきましたか。
逢空:小学生の頃だと、ジャンプで『奇面組』とか『ザ・モモタロウ』を読んでいました。その二作品は割とパロディが含まれているので、それをずっと読んでいたら自分の作風もパロディが多くなってきてしまいましたね。なかなかあの原風景って消えないものなので。その二作品はコメディを書くに当たってお手本だと思っています。

  

——何かほかに自分の原点になっている作品とかってありしますか。

逢空:ソニーが出した『ワイルドアームズ』というゲームがありまして。
ソニー3大RPGみたいな感じで言われているゲームで、
熱心なファンがつくタイプのゲームなんです。つい先日もソーシャルゲームでリリースされていまして......まんたもシナリオで少し関わらせていただいているんですけれど...その作品も自分の原点ですね。
やっぱりパロディが盛り沢山な感じで。
まんた自身、
デビュー作から『ワイルドアームズ』のパロディなんかもやっていましたね。


——パロディーと、コメディがキーワードになってくるのですね。ギャグ思いつくの大変ではないですか?

逢空:ギャグなど掛け合い自体は割とすらすら出てきます。そこら辺が手癖で書ける部分です。

箕崎:今回も結局手が止まったのが設定周りとかレースシーンをどう描くか、の部分でしたね。レース展開にはこだわって書かれていた印象があります。

 

——そうなんですね。お話を書く時は、全体の物語構成を考えてから書かれましたか? 

逢空:そうですね。いつもざっくりと起承転結で作って、起承転結に従って書いているうちに段々筆が乗って話がふくらんでいく感じですね。

フィーリングでやってると辻褄が合わなくなることがあるのでそこはきっちりと考えるようにしています。


——今回はどういう気持ちで作品に臨みましたか?

逢空:今回はコメディだけじゃない逢空万太もいるんだぞというのを伝えたかったんです。新しくLINEでチャレンジすることもあり、今後のために何か違う面を見せたかった。


——他の作風もチャレンジしていきたい、みたいなところはありますか。 

逢空:実は、今回真面目な話を書いたら非常にコメディーが書きたくなりました。

箕崎:むしろ戻ったみたいな?

逢空:そうですね。多分一番自然に書けるものだと思うので。


——何かこれからチャレンジしていきたいこととかってありますか。

逢空:チャレンジですか......話をきれいにまとめていきたいなという感じですかね。
箕崎:それ、別にチャレンジしたいことでもないよ(笑)。

逢空:そうだなあ......。漫画原作とかはやってみたいですね。

 

——あとは、作品をこれから読まれるであろう皆さんに一言お願いしてもよろしいですか。

逢空:これまでとは少し違った作品ではあるんですけれど、最後までついてきてくれたら後悔はさせませんよ!という感じです。

 

——またLINEノベルは投稿もできるサービスなので、これから作品を書く皆さんに向けて一言お願いします。 

逢空:そうですね。好きなものを書かないと絶対続けられないと思います。まずは、作家になりたいとかよりも書き続けて書き終わることを優先させていくのが良いんじゃないかな?と思います。
好きなものじゃないと人間なかなか続けられないと思うので、好きなもので大成できるといいんじゃないかなとは思います。


——本日のインタビューは以上となります、ありがとうございました。

逢空:ありがとうございました。


書籍情報

内容紹介
人気作家・逢空万太が新レーベルLINE文庫エッジに登場!
女の子だらけの学院に、男の子が一人!?
誰よりも速く飛べる魔女になるために、少年は今日も宙(そら)を駆ける!
「ぼくは、ウィッチクラフトが好きです」
ブルームという箒状の道具に跨って飛行する競技、通称"ウイッチクラフト"は、世界的に有名な競技である。競技者は"魔女"と呼ばれ、そのほぼすべてが女性。しかし主人公、ティノ・アレッタは男子にも関わらず、子供の頃に見た魔女に憧れ、魔女を養成する女生徒ばかりの学院、"アウティスタ飛箒学院"に入学を果たす。そこでティノと親しくなる少女たちもいれば、上手く飛ぶことが出来ないティノに、出て行って欲しいと願う少女たちもいて……。
「ティノくん、君が強く望めば、きっとブルームは応えてくれるはずだよ」
退学をかけた定期選抜試験。同じ部屋で暮らすことになった少女ウルスラや、クラスメイトたちの応援を背中に受けながら、ティノは《氷の女王(リリティア)》とも呼ばれる天才少女、グリゼルダとのレースに臨む!
人気作家、逢空万太が描く、宙(そら)を駆ける少年少女たちの物語、ここに開幕!!

出版社からのコメント
逢空先生の代表作である『這いよれ! ニャル子さん』でみせたコメディ要素と、がんばる男の子と女の子たちの物語。
『ウイッチクラフト』の試合では熱くなれる、感動出来る作品です! もちろん可愛い女の子だらけ! オススメです!

著者について
著者:逢空万太
第1回GA文庫大賞で優秀賞を受賞し『這いよれ!ニャル子さん』でデビュー。
同作品がアニメ化。人気作となる。近年ではソーシャルゲームのシナリオなどでも活躍中。

イラスト:bun150
兼業イラストレーター。プロダクトデザイナー。 『パンツあたためますか? 』(角川スニーカー文庫) 『ふぉーくーるあふたー』(ガガガ文庫)など。

無料で試し読み
LINEノベルで読む

購入はこちら