いつもご利用いただきありがとうございます。

今週の編集部ピックアップ作品を、ご紹介いたします!



今週のピックアップ作品

[文芸]

日常が崩壊する事は、とても容易い。
◆ジャンル:サスペンス・ミステリー
◆紹介文:
『拝啓、3年5組の皆さん。1人100万円ずつ御用意しました。有意義に使って頂けると幸いです。』

二学期の始業式後。
クラスの教室に帰ってくると、生徒それぞれの机の上に置かれていた封筒。そして、その中に入っていた、同じ内容の手紙と100万円の札束。

初めは、そのお金を自分の思い思いに使うクラスメイト達。
しかし、それが暗殺された、裏社会との繋がりが噂される とある富豪の遺産だと知り……。


この日から、僕達3年5組の日常は崩壊した。

今すぐ読む


アラサー女子がコンビニで年下男子をお持ち帰り?!
◆ジャンル:恋愛(純愛)
◆紹介文:
アラサー女子×イケメン大学生の恋のお話。

♡こんな方におすすめ♡
甘いラブストーリーに浸りたい。
胸キュンしたい。
年下男子との恋愛ものが好き。
ちょっと非現実的な恋がしたい。
イケメンが好き。

今すぐ読む


二十六歳でフリーター彼女無しの主人公に明るい未来はやって来るのか。
◆ジャンル:青春・友情
◆紹介文:
アルバイト暮らしの主人公、古川 晴一は友人に誘われ壁画を見に行った翌日から奇妙な出来事が起こり始める。珍事件に立ち向かう主人公だが………

今すぐ読む


俺は何も知らない。僕は何でも知りたい。だから、一緒にいたいと思った。
◆ジャンル:現代ドラマ(シリアス)
◆紹介文:
新藤拓海(しんどうたくみ)、二十四歳。
二歳の頃、母親と思しき女に養護施設へと置き去りにされた後、
天涯孤独の身と右肩に残る古傷をセックスアピールにするNo.1ホストとして
何不自由ない生活を送っていた。
そんなある日、拓海が勤めるホストクラブ『Full Moon』に一人の青年が尋ねてくる。
青年の名は、佐嶋智広(さじまちひろ)。
日本有数の企業・佐嶋グループの二代目社長である智広は、拓海を見るなりこう言った。
「兄さん、迎えに来たよ」
「僕の幸せは、兄さんの犠牲の下で成り立ってる。だから、返しに来たんだ」
自分は弟なのだと言い、連日のように押しかけてくる智広の存在を煩わしく思う拓海。
だが、智広にはそうせざるを得ないある秘密があった……。

過去の思い出を何一つ持たない兄と、
ありあまる過去と未来を手渡そうとする弟。
違う世界で別の人生を辿ってきた二人の兄弟の行く末は……?

(毎週月曜・金曜に更新)

今すぐ読む



闇的な後味!ダークでファニーな『オチ』のあるショートショート集!
◆ジャンル:その他
◆紹介文:
全て、一話完結のショートショートです。
どんでん返し系、後味悪い系、笑える系など、いろいろあります!"

今すぐ読む



恐怖には、こんなにも多くのかたちがある
◆ジャンル:ホラー・オカルト
◆紹介文:
それは幽霊の仕業なのか。
それとも妖怪の仕業なのか。
いや、それとも狂える人間の仕業か。

たとえ何の仕業であろうと、
与えられる側にとっては、まじりっけのない純粋な恐怖。
ひたひたと迫る恐怖。ぞわぞわと背筋を這う恐怖。
悲鳴を上げて逃げ出したくなる恐怖。声すら出せなくなる恐怖。
思わず首をかしげてしまう恐怖。ノドに刺さった小骨のようなしつこい恐怖。
人の数だけ恐怖はある。そして人がいる限り、恐怖は決して息の根を止められない。

ここに集めたのは、そんな様々な恐怖の体験談。
角を曲がったとたん、何の前触れもなく人は恐怖に巻き込まれる。 まさに交通事故にでも遭うように。
ただ生きているだけで、普通に暮らしているだけで、人は容易に怪談世界の住人になる。
次に巻き込まれるのが、今これを読んでいるあなたではないという保証など、もはやどこにもない。

今すぐ読む


[ラノベ]

君に出会わなければよかったなんて言わないで。俺は君に出会えてよ。
◆ジャンル:ラブコメ・学園
◆紹介文:
太田櫻17歳、ある日の朝、姉の小咲がランニング中に倒れてた少女を救ったという。
少女はどこからきたかは分からないが自分の事を麻生もねという。身寄りのない少女もねと一緒に暮らすことになる。
ある時、櫻の憧れの先輩中在雪穂と話しているともねがお弁当をととげに来る。それが雪穂にもねは櫻の彼女だと思われてしまう。またどうにかその誤解を解くことに成功するがなんと雪穂は、櫻と同じクラスの湊と中良さげなところを目撃。それはあまりにも付き会っているようだった。櫻はそれを見て雪穂の事をキッパリ諦める。よく考えれば雪穂に抱いていた思いは恋心ではなくただの憧れだと。またもねは、自分のがお弁当届けるタイミングのせいで…。と思っていたため櫻に言った。「私が櫻の彼女見つけます」と。

一方、湊と雪穂は付き合っていないことを2人は知らなかった。

そして未来から来た君も動き出す。

今すぐ読む


謎の美人家政婦と独身の俺が育児をすることになって?
◆ジャンル:SF
◆紹介文:
懸賞で当たった謎の地味な家政婦が、一年間毎日朝の1時間だけ来ることに。
仕事はできるが、表情がない冷たい表情で感情がないような女性。名前は、新城めぐり。
普段は眼鏡にジャージといういでたちだ。
俺の実家は大きな会社を経営していて、父親の会社のパーティーに同伴する女性が必要で、女友達のいないモテない俺は、家政婦にバイト代を支払い同伴してもらうことに。
パーティーのために服装と髪型を変えて、メガネを取ると――超美人だったのだ。
女優並みの美貌と抜群のスタイルで、語学堪能な聡明な女性だということが判明する。
パーティーから帰宅すると、突然十年後の未来からやってきたという女児が家の前にいた。
俺と家政婦の子供だと名乗る娘がやってきたのだ。
6歳の幼稚園年長の女児ほのかを育てることになった俺と家政婦。
果たして子供を無事未来に返し、俺たちは結ばれるのだろうか?

今すぐ読む

都市伝説きさらぎ駅の独自解釈をもとに描いた、青春・ホラー・成長物語!
◆ジャンル:ホラー・オカルト
◆紹介文:
最後の学校生活を終えた卒業式の帰り、なんの未練もなくそそくさと門を出る睦月(むつき)の前に同じクラスメートの弥生(やよい)が現れる。

今日まで親しく話すこともなかった二人だったが、いつもと違う雰囲気の弥生に誘われ一緒に帰ることに。
最寄り駅から電車に乗り、二人きりしか居ない車内で睦月は弥生が告白してくるのを悟る。
しかし、急な眠気に襲われ彼女の胸中に秘める想いを聞きそびれてしまい、次に目を覚ますとそこは人気のない真新しい不気味な駅だった。
困惑する二人。
そこへ、ゆきづきと名乗る同じ学校の制服を着た女の子が現れる。
状況を把握するべく行動を共にする三人。
この駅は一体なんなのか……。
なぜこの駅に行きついてしまったのか……。
その真相はあなたの目で確かめてください。
名も無き不気味な駅から脱出せよ!
「如月のホームで」
よろしくお願い致します。

今すぐ読む

少し不思議で、ちょっぴりゾクッとするお話です。
◆ジャンル:ミステリー
◆紹介文:
夏のある夜、ふと立ち寄ったアンティークショップで入手したランプ。 それに明かりを灯すと、何故か涼しくなるという――。

今すぐ読む

魔女と王子の憎しみから始まるラブストーリー
◆ジャンル:異世界ファンタジー
◆紹介文:
彼にとっては十五年前の遠い日の記憶、彼女にとっては五百年生きた中のほんの一時の記憶。 それでも忘れないだろう。
彼は彼女への憎しみを、彼女は彼への償いを。

『絶対に……許さない……』

思い出すのは太陽に透ける綺麗な金糸の頭髪に、空のように澄んだ青の瞳を持つ心優しい少年のこと。
その彼が悲しみに涙を流し、憎しみに瞳を陰らせている姿を見た瞬間、彼女は己の罪を悟った。

(あぁ、私は彼から光を奪ってしまったんだ……)

彼を愛していたのに、絶望させることでしか救うことが出来ず、自分の無力さをこの日以上に呪ったことはないと思う。

『お前……お前だけは……!』

彼の瞳は、確かに闇に呑まれそうなほど陰っていた。
しかし、憎いが故に彼女を睨みつけるその瞳には、危うくも強い決意の光が見えた気がした。

(ならば、私を憎んだらいい)

それで彼が生きる意味を見いだせるというのなら、それでも構わないと皮肉な笑みを浮かべる。

──最も愛しい人へ、最も悪意を込めて。

『ふふっ、だって私は魔女。破壊することに快楽を覚えるの、憎みたいなら憎みなさい』

精一杯に悪役を演じたが、憎らしく笑えているのかが不安になる。
本当は優しくしたかった、憎まれたくなんかなかったのに、優しさは彼の心を壊してしまうから──。

(──さよなら、私の愛しい王子様。今日から私は、あなたに憎まれる破壊の魔女となりましょう)

今すぐ読む


自分本位な二人が最低な片思いを終わらせる話
◆ジャンル:青春・恋愛
◆紹介文:
好きな奴じゃなかったら誰でもいい最低な男。
好きな人に振り向いて欲しくて先輩を利用する最低な女。
恋愛って、本当に、泥臭い。

今すぐ読む


※作品は更新日の新しい順に掲載しております。
※作品の情報は、ピックアップ時点で登録されている情報を掲載しております。
※[紹介文]は一部抜粋して記載させていただく場合がございます。


こちらのピックアップ作品の一覧は、アプリ版LINEノベルの投稿TOP「今週のおすすめピックアップ」欄からも直接ご覧いただけます。

毎週更新を予定しておりますので、ぜひ定期的にチェックしてみてください!


💡機能などに関するご案内のまとめ▶https://lin.ee/8Re6ohn/kygb
💡よくある質問(ヘルプセンター)▶https://lin.ee/5rmk6MZ/kygb
💡詳しいお問い合わせ▶https://lin.ee/8LZZV2T/kygb

引き続き『LINEノベル』をよろしくお願いいたします。

▼「LINE ノベル」アプリダウンロード
ストアボタン_iOSストアボタン_Android
▼「LINE ノベル」公式アカウント

友だち追加数