折り鶴の恩返し

折り鶴の恩返し

著者:
真鍋卓
イラスト:おしおしお

内容紹介

「祈ると折るって字が似てるよね。だから私は、君に千羽鶴を折るんだよ」
15歳の若さで病死した折原イノリは、目を覚ますと真っ白な雲の上のような空間にいた。狼狽するイノリの前に時量師神と名乗る神が現れる。
曰く、イノリのために千羽鶴を折ってくれた幼馴染の少女はイノリの死をきっかけに無気力になってしまった。少女が折った折り鶴を媒体にイノリを蘇らせるから、彼女を更生させろ、と。
再びイノリが目を覚ますと、そこは無気力なった幼馴染、小日向かおりが通う月影高等学校の職員室。イノリはその高校の教師として、かおりに正体がばれないように、彼女が抱える悩みを解決すべく奔走する。
これは少女の笑顔を取り戻す物語。

著者について

著者:真鍋卓
第2回ネクストファンタジア大賞銀賞を受賞し、マナベスグル名義でデビュー。
著書に「ダウトコール」(富士見ファンタジア文庫)「幽遊菓庵 春寿堂怪奇帳」「和雑貨うなゐ堂の遊戯帳」(ともに富士見L文庫)など。

イラスト:おしおしお
漫画家・イラストレーター。『さくらマイマイ 』 (MFC キューンシリーズ)などを執筆

商品情報

  • ISBN-10: 4910040234
  • ISBN-13: 978-4910040233
  • 発売日: 2020/1/8

無料で試し読み

 LINEノベルで読む

購入はこちら

amazonaaaaaaaa