インタビューを含む記事

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライト文芸レーベル"LINE文庫"から2月に刊行される『甲冑男子 ~言えないわたしを支えてくれる秘密の彼氏たち~』を執筆されたゆうきりんさんへお話を伺いました。『甲冑男子 ~言えないわたしを支えてくれる秘

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から2月に刊行される『デザイア・オーダー ―生存率1%の戦場―』を執筆された波摘さんへお話を伺いました。『デザイア・オーダー ―生存率1%の戦場―』あらすじ機械都市

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から2月に刊行される『孤島の学園迷宮』を執筆された三嶋与夢さんへお話を伺いました。『孤島の学園迷宮』あらすじ『新入生のみなさま、ようこそ学園島へ!』孤島の学園

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から1月に刊行される『ワトソン・ザ・リッパー~さる名探偵助手の誰にも話せない過去~』を執筆されたSOWさんへお話を伺いました。『ワトソン・ザ・リッパ―』あらすじ

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から1月に刊行される『小鳥遊さんはラブコメ勉強中!』を執筆された高橋徹さんへお話を伺いました。『小鳥遊さんはラブコメ勉強中!』あらすじ小鳥遊璃子。知的な雰囲気

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫"から1月に刊行される『君の涙はとても恋しい』を執筆された内田裕基さんへお話を伺いました。『君の涙はとても恋しい』あらすじ絵本作家を目指すフリーターの青年・佐藤覚は、

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫"から1月に刊行される『ヒマワリ高校初恋部!』を執筆された辻堂ゆめさんへお話を伺いました。『ヒマワリ高校初恋部!』あらすじ私立向日葵(ひまわり)高校では、今年から生徒全

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫"から12月に刊行される『リバーシブル・ラブ―初恋解離―』を執筆された喜友名トトさんへお話を伺いました。『リバーシブル・ラブ―初恋解離―』あらすじ「一人の女の子として

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫"から12月に刊行される『あなたの歌声が、わたしを捕まえた』を執筆されたshachiさんへお話を伺いました。『あなたの歌声が、わたしを捕まえた』あらすじ教室で隣に座っていた

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から12月に刊行される『魔女の花嫁 seasons beside a witch』を執筆された空伏空人さんへお話を伺いました。『魔女の花嫁 seasons beside a witch』あらすじひとつ屋根

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から12月に刊行される『性春デイズ~男子高校生の性の心理戦~』を執筆された望公太さんへお話を伺いました。『性春デイズ~高校生の性の心理戦~』 あらすじ絶っ対に負

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から12月に刊行される『人類の未来は英雄ガチャで決まるらしい』を執筆されたK.バッジョさんへお話を伺いました。『人類の未来は英雄ガチャで決まるらしい』 あらすじは

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から12月に刊行される『妹はサイコパス』を執筆された瀬尾順さんへお話を伺いました。『妹はサイコパス』あらすじ俺の妹・中島彩恋は少し病弱で引っ込み思案だけど、透

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から11月に刊行される『神籤世界(ガチャスフィア)の冒険記。~ギルドリーダーはじめました~』を執筆された白沢戌亥さんへお話を伺いました。『神籤世界(ガチャスフィア

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへのインタビュー企画。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から11月に刊行される『アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊―』を執筆された秋堂カオルさんへお話を伺いました。『アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色