インタビューを含む記事

2019年8月23日にLINEノベルより刊行された『♯失恋したて』。本作を執筆された中村航さんへのインタビュー後編をお届けします。 中村航さんインタビュー【前編】はこちら 物語は、経験と好奇心のバランス――「自分でしっくりきていないと書けない」と仰っていましたが、腑に

『エクストラ・フォーリン・エールワイフ ―異世界の奥さんは日本のビールを学びたい―』がライトノベルレーベル『LINE文庫エッジ』より2019年9月5日に刊行されました。今回、刊行記念として作者の阿羅本景さんにインタビューを実施。ライトノベルでは異色のテーマとなる

LINEノベルのライトノベル新レーベル『LINE文庫エッジ』より2019年9月5日に刊行される『CHiLD ―境界からの降臨者―』。今回、刊行記念として本作の著者であり、LINEノベルの編集者でもある箕崎准さんを直撃。作品の見どころやライトノベルを書くようになったきっかけ、

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへインタビューする本企画。今回はライト文芸レーベル"LINE文庫"から9月に刊行される『取締役は神絵師』を執筆された水沢あきとさんへお話を伺いました。 現代のワークスタイルが生んだニューヒロイン ――今回の作品『取締役は神絵師』の

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへインタビューする本企画。今回はライト文芸レーベル"LINE文庫"から9月に刊行される『レールアテンダントガール』を執筆された豊田 巧さんへお話を伺いました。 「旅の印象を大きく変える重要なファクター」創作意欲を掻き立てた

LINEノベルオリジナル作家のみなさんへインタビューする本企画。今回はライト文芸レーベル"LINE文庫"から9月に刊行される『居酒屋がーる』を執筆されたおかざき登さんへお話を伺いました。 「隣のお客さんとのエピソードがパッと浮かんだ」『居酒屋がーる』が生まれた

2019年8月23日にLINEノベルより刊行された『♯失恋したて』。 今回、刊行記念として本作を執筆された中村航さんへインタビューを実施しました。 『♯失恋したて』は"回復"をテーマにした物語。   ――作品の着想はどこからきましたか? 何年も前から「失恋したての女の子

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から8月に刊行される『魔導ハッカー〉〉暴け、魔

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回はライト文芸レーベル"LINE文庫"から8月に刊行される『ゆびきりげんまん』を執筆された

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から8月に刊行される『ウィッチクラフトアカデミ

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します! そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回はライト文芸レーベル"LINE文庫"から8月に刊行される『いのしかちょうをこっそり視て

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します! そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から8月に刊行される『項羽さんと劉邦くん』

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回は8月にライト文芸レーベルLINE文庫から『願うなら、星と花火が降る夜に』が刊行されま

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回はライトノベルレーベル"LINE文庫エッジ"から8月に刊行される『デュアル・クリード』を

2019年8月5日、LINEノベルよりLINE文庫・LINE文庫エッジの2レーベルが創刊します!そこで、書籍を刊行されるLINEノベルオリジナル作家のみなさんへ特別にインタビュー企画を実施。今回は8月にライト文芸レーベルLINE文庫から『世界で、いちばん嫌いな君』を執筆されたみなづ